スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」見たよ!

 今日「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」を見てきたのでさっそく感想を書いていこうと思います!

ネタバレ嫌な人は戻る推奨・・・。

今作の大まかなストーリーはアリーナライブ開催が決定して、グリマスのキャラがバックダンサーとして雇われて、合宿をした後、グリマスで諍いがあって、それを765メンバーが納めてラストにライブをやるという話ですね(・◇・)

作品的に765メンバーの成長が描けていると思いますが、ちょっとグリマスメンツがでしゃばりすぎて765メンバーが活きてなかったかなぁと思いました(・_・;)

グリマスはちょっとだけだと思ってたら大分出てきて、そっちがメイン基軸の時もあったのでそれはいらないなぁと思いましたね・・・。

765メンバーに関しては、やっぱり主人公は春香でヒロインは千早って感じでしたね(・◇・)

でも、映画でも千早が胸を悔しがるシーンを入れるのやめてくださいよ(笑)

個人的にはいろいろ突っ込みどころ満載で面白かったですが、やっぱりもっと765メンバーにスポットを当てた映画を見たかったですね・・・。

そして欲を言うならライブシーンをもっと増やしてもらいたかったです!

なんとなく消化不良な感じの映画って感じが1番おさまりがいい言葉な気がします(・_・;)

そして1番笑ったのは体系のことでのラブライブのデブネキへのディスりがやばかったですね(笑)

まぁ一応アイマスファンは見ておいて損はない話になってるのでぜひ見てください!

1番残念だったのは来場者特典がなかったことですねぇ・・・。

「魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」2回目!

 今日は前に見に行った「魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」をまた見に行ってきました!

今回はまだ見てなかった奴が行きたいと言ったからついて行った感じですね(・◇・)

まだ金曜だから3週目のものとなりますね!

フィルムはどこかわからんやつだったのでちょっと残念でした(><)

一緒に行ったやつも同じようなとこだったから二人して若干テンションダウンでしたね・・・。

本編の感想は前回の記事を参照してください!

そして3週目の開始前のマナーアナウンスは八九寺真宵&きゅうべぇでした(・◇・)

噛みながらのアナウンスというのは斬新でしたね(笑)

そんな感じで見終わる前に結構楽しみにしていた仲間が終わってみたらかなり混乱してて面白かったですね(・◇・)

1回見てると結構いろんな伏線を理解しながら見れるんで、結構内容がスッと入ってきますね!

でも、やっぱりまた虚淵先生を恨みましたねぇ・・・。

何回見ればこの映画でハッピーエンドが見れるんですかね?

ハッピーエンドの回があるとしたら見れるまで何回でも行きますがね(笑)

今日一緒に行ったやつがもう1回行かなきゃ!とか言ってたんで、もしかしたらもう1回見に行くかもしれないです(・_・;)

次こそはハッピーエンドにならないかなぁ・・・。

「魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」見てきたよ!

 つい先日放映が開始した「魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」をようやく見てきたんで、さっそくネタバレを含みつつ感想を書いていこうと思います!

まだ見てなくて、見に行こうと思ってる人は絶対に戻ることをおすすめします・・・。

今作ですが、まず最初の劇場マナー案内で化物語とのコラボだったんですが、1週目は化物語から「忍野扇」がアナウンスだったんですが、画面から速攻で笑っちゃいましたね(笑)

毎週変わるようなんですが、次週からどうなるのかとか結構気になりますね!

本編に関しては最初にまどかやみんなが普通に生活していてどういうこと?となりましたが、ほむらの世界だからそうなっているのであって、違いが結構ありますが、見ていけばスッと落ちていくんで大丈夫です(・◇・)

最初のナイトメア戦の時のみんなの変身シーンがスタイリッシュ戦隊ものっぽくて笑いをこらえるのが大変でしたね(笑)

そんな感じで序盤のほうは結構明るい雰囲気でにこやかに見れてました!

中盤のほむらが世界の異変を感じ始めたくらいから徐々に暗い雰囲気になっていって、そこらへんで虚淵先生がどこまでやらかすのかが気になり始めましたね(・_・;)

ほむらVSマミさんの銃撃戦がマジでしびれるほどかっこよかったです(>ω<)

そして、ほむらが自分自身が魔女だと気付いたところらへんから魔女ほむらVS魔法少女軍団って感じでかなり絵に勢いがあってよかったですね!

今回新キャラである「百江なぎさ」がまさかマミさんをマミった魔女のべべだとはおもいませんでしたが、完璧に人気があったから出したんだなぁって感じでしたね(・◇・)

今回は本編で残念な扱いだった「美樹さやか」もめっさいい扱いされてたんで救いはあったんだなぁと思いましたね(笑)

まぁそんな感じで魔女ほむらVS魔法少女軍団のバトルが終わってこれで綺麗に終わるのかなぁと思ってたら虚淵先生がやらかしてくれましたねぇ・・・。

ほむらを救おうとして近づいてきたまどかに対してまさかのほむらがまどかの力の一部を奪って新しい世界の理を作っちゃうとは思わなかったですね(><)

その時のほむらの表情はマジでやばかったですね・・・。

構図としては神のまどかと悪魔のほむらという感じになってまさかの大どんでん返しですよ!

まぁだからこそ「叛逆の物語」なんだとわかりましたが、ハッピーエンドでは終わらせない姿勢がやばかったですね(><)

とりあえず愛は重くなると危ない人になるんだとわかったし、好きだったキャラだからこそめっちゃびっくりしましたね(・_・;)

終わったのにこれで終わっちゃうの?これからこの世界はどうなるの?という感じで先がすごく気になっちゃう終わり方だったんで、マジで続編作ってほしいですね!

びっくりしすぎて言葉で表すのが大変な作品ですが、まどマギ見てた人はぜひ見に行ってびっくりするといいと思います(・◇・)

軽い気持ちで見に行って、終わった後にそのテンションが嘘のように変わりましたねぇ(・_・;)

マジでほんわかしたうめ先生の絵からここまでひどい話を作ってしまう虚淵先生許すまじ(笑)

もう1回は絶対に見に行こうと思います・・・。

「空の境界 未来福音」見てきたよ!

 今日は昨日行こうとして行かなかった「空の境界 未来福音」を見てきたので、感想を若干のネタバレを含みつつ書いていこうと思います!

でも、友人宅に集合だったんですが、その友人の準備が遅すぎて最初のクレイアニメの部分が見れんかったですorz

まぁそんな感じですがとりあえず感想を書いていくと、今回の映画は大きく2部に分かれてました(・◇・)

最初は式の部屋で猫を預かる話や「浅上藤乃」メインの話だったりが、つなぎが日にちをパッと出す感じの荒いつなぎで連続してやり、後半は爆弾魔の話に始まり、「両義未那」の話で終わるって感じの流れでした!

前半でも途中でエンドロールがあり、後半にもエンドロールがあるって感じで完璧に2つに分かれるって感じでしたが、それぞれが別の様に面白かったです(>ω<)

まず、前半の方の山場は「浅上藤乃」の話のところでしょうかね?

視力が失われつつも曲視の魔眼の力はあるものの、それを人を諭させるために使うとこは結構グッときましたね!

あと、前半で言うと、猫の話での式の「ネコなめるな!」のとこはよかったですね(笑)

後半は前半の短編集と違ってまじめな内容に入りますが、こちらでも前半は「倉密メルカ」としての爆弾魔だったときの式との話で、後半は「瓶倉 光溜」として未那との話という風に分かれてますね!

前半はCMなんかでも使われてるとこですが、個人的には後半の方がメインだと思いました(・◇・)

今回は戦闘というより、後半の未那とのほのぼの?した感じの話で、本編後はこんな感じでまとまるんだなぁという感じの感傷に浸る感じで見てました(>ω<)

未那がマジ子悪魔で、式は綺麗になりまくりでいい感じでしたね!

今回の映画は今まで見てきた人が見て面白いと思う作品になってると思いました(・◇・)

今まで見てた人は絶対面白いと思いますし、入場者特典で「終末録音」という小説があるんで、早めに見に行った方がいいと思いました!

ちなみに、「未来福音」の前に1週間だけの限定公開していた「俯瞰風景3D」も見てました(・◇・)

本当に「空の境界」はいいコンテンツだなぁと思いました・・・。

「コードギアス 亡国のアキト 第2章「引き裂かれし翼竜」」見てきたよ!

 今回はやってたことを忘れてて、速攻で見に行ってきた「コードギアス 亡国のアキト 第2章「引き裂かれし翼竜」」の感想を書いていこうと思います!

過分にネタバレを含むと思いますので見てなくて、これからという人は読まないことをオススメします(・◇・)

さて、今回の内容なのですが、1章で仲間に加えた3人を含んでレイラとアキトの5人で戦闘するのがメインの内容となってますね!

大まかに書くと、3人の微妙な逃走劇→作戦でナイトメア戦→次回作でユーロピア戦線にスザクとルルーシュの参戦示唆って感じですね(・◇・)

まぁとりあえず今回の目玉はレイラのエロイパイロットスーツの着替えシーンですかね(笑)

いやぁ・・・ずっとC.C.好きだったんですが、マジで揺らぎましたねぇ(><)

あと、ナイトメア戦が今回も力入りまくりで最高でしたね!

今回は市街地戦だったんですが、建物なんかも使っての3次元戦闘はマジで感動しましたね(>ω<)

そして戦闘中にアキトのギアス?が発動して、レイラ以外の3人に戦闘能力が強化されて、なんとなくガンダムWのゼロシステムみたいな感じになってたんですが、詳細な能力はどんな設定になるのかこれからが楽しみです!

兄のシンのナイトメアがケンタウロスみたいなタイプと人型のチェンジ型で、めっさ独創的ですごかったです(・◇・)

次回もすごくたのしみに待ってようと思いますが、次回が2014夏って書いてあって、また1年後かぁとちょっと待ち遠しく感じちゃいますね!

でも、今回で残念だったのが、前作の予告でスザクとC.C.が出てて、スザクは出てたのにC.C.が出なかったのがちょっと残念でしたorz

C.C.好きだから結構期待してたんですがねぇ(><)

まぁそんな感じでしたが、今回も楽しめたのでまだ見に行ってない人は見に行くことをオススメします!

もう1回見に行ってもいいなぁ・・・。

「劇場版銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ」見ました!

 先日公開したばかりの「劇場版銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ」を早速見てきたので感想を書いていこうと思います!

ただしネタバレが少々含まれますので見るのを楽しみにしてる方はご注意くださいm(_ _)m

今作のおおまかなストーリーは最初に映画館で万事屋面子が働いている中、映画泥棒が出てきて銀さんが映画泥棒に撮っていた映画を見ようとして見てみたら5年後の未来に飛んでしまって、荒廃した江戸の町で変わりまくった仲間と再会しつつ、江戸が荒廃した理由を調べ、元の江戸に戻そうと奔走するっていうのが大まかな流れです!

ちなみに映画泥棒というのは、劇場予告なんかに出てくるあのパントナイムしまくりの映画泥棒です(笑)

予告とかでキャラが変わりまくってるのは上記の理由によるものです!

そして内容に触れていきますが、最初の冒頭は映画泥棒のCMをほぼそのままやってたり、銀さんと映画泥棒との掛け合いが結構あり、最初はなんだこれ?と思いました(・_・;)

それを過ぎると基本的にはパロディ多めのいつもの銀魂という感じの展開を5年後の世界で繰り広げますね!

というか、映画でもパロディをふんだんなく盛り込んでいて笑いを堪えるのが必死でしたよ(笑)

でも、話が進むにつれシリアス強めになり、最後の方は結構感動しましたね(>ω<)

特にラストのバトルはもちろん良かったんですが、ある事情で入院している妙のところに仲間がみんなでお見舞いをしているシーンはマジで感動しました!

タイムマシンだったりそういった時代を跨ぐ感じの話があるんで、理解しながら見なきゃ結構大変ですが、それでも面白さは完璧でしたね(・◇・)

笑いあり感動ありで本当にいい作品だと思いました!

でも、1番悲しいのはこれで銀魂が完結ということですね(><)

実は終わる終わる詐欺でしたって展開でまたアニメをやってくれたらマジで嬉しいですね!

とまぁこんな感じで映画は本当に良かったです(・◇・)

入場特典の3枚で1つになる三位一体フィルムは映画本編でも結構重要なアイテムなんで、3回以上見に行って集めてみてはいかがでしょうか!

こんな感じで感想を終わります!

それにしても劇場は圧倒的な女子率でびっくりしたなぁ・・・。

「劇場版 STEINS;GATE シュタインズ・ゲート 負荷領域のデジャヴ」見てきたよ!

 放映開始時から見よう見ようとは思ってたんですが、いいタイミングがなくていけなかったんですが、友人との会話で唐突に行くことが決まったんですね!

まぁそんな感じで結構見てる人が多いと思うんで、ネタバレを遠慮せず書いていこうと思います(・◇・)

まず、話の流れ的には、アニメ本編の後の後日談の25話の「横行跋扈のポリオマニア」の後の話となっております!

そこでシュタインズゲート世界線にいる中でみんなでいつも通りの楽しい日常を暮らしている中で唐突に岡部倫太郎が他の世界線へ移行してしまうということが多発し始めて、ある日牧瀬紅莉栖の目の前で消えてしまい、紅莉栖以外のみんなが岡部のことを忘れてしまうというのが導入部分ですね(・◇・)

このときに違う世界線の絵としてアニメでも出た絵なんかも出るんですが、そこでアニメには出てない天王寺 綯の残忍なシーンが見れるんで、そこは興奮しましたね(>ω<)

ここから紅莉栖が岡部を取り戻すためにタイムマシンを作って1度時間を遡ってみるとそこで阿万音 鈴羽が現れ紅莉栖に事情を話しているときに岡部もその話を聞いてしまい、紅莉栖たちにタイムマシンを作ることを禁止するが、紅莉栖は鈴羽の説得もあり岡部を取り戻すことを決意するんですね!

でも、最終的なタイムマシンの方法は電話レンジ(仮)じゃなくて、鈴羽の乗ってきたタイムマシンでという感じでなんとか岡部をシュタインズゲート世界線にとどめさせることに成功するっていうのが結末ですね(・◇・)

ストーリー書いたら長くて見づらくなっちゃいましたね(・_・;)

まぁ話はそんな感じですが、世間の評価があまり良くない理由は見てよく分かりましたね・・・。

見終わってから、「うん?だから?」って感じに溢れてましたね(><)

1回電話レンジ(仮)を使ってるにも関わらずそのままにしておくし、岡部が鳳凰院凶真を名乗るきっかけを紅莉栖のせいにしているし、そんなんでいいの?っていう感じのものが多かったからなんだと思いましたね(・_・;)

まぁ牧瀬紅莉栖しいてはその声優の「今井麻美」さんがかわいいというとこだけ見れたんでよかったです(>ω<)

最初の和やかな部分での牧瀬紅莉栖のかわいさは異常でした!

まぁそんな感じでまぁ楽しめる作品だとは思いました(・◇・)

シュタゲを2時間で話をまとめるのは無理なんだと思いました・・・。

「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」見てきたよ!

 ようやっととある魔術の禁書目録の映画を見に行けました!

気づいたらいつの間にかやってたって表現が正しい状態でした(・_・;)

まぁそんなわけでネタバレあり?で感想を書いていこうと思います(・◇・)

まず、ストーリーは公式サイトで確認してくださいと最初から投げやりな感じで!

ネタバレ的にストーリーを書くと死ねない死にたがりの魔術師が死ぬための魔術を完成させようとした物語ですね(・◇・)

自分の感覚の話的に歌を多様したり、最後は2人で歌ったりとマクロスFをちょっと思い出しちゃいましたね(笑)

あと、エンデュミオンというのはなにかというと、某ガ〇ダム00の軌道エレベーターですね・・・。

さて、おおまかな感想の話をさせていただくと、まず普通に面白かったっていう感想ですね!

話のテンポもいいし、アクションシーンも綺麗な演出で見やすかったです(・◇・)

ライブシーンはやっぱりあのなんちゃって3Dでおもしろかったです(>ω<)

キャラに関しては原作キャラ(自分はアニメしかみてないんでアニメ知識オンリー)もかなりいっぱい出てきてて楽しかったです!

映画限定キャラの「鳴護アリサ」と「シャットアウラ=セクウェンツィア」もいいキャラすぎて最終的には2人で1人になったのは残念でした(><)

「レディリー=タングルロード」に萌えたロリコンはお断りです(笑)

あと、今回の上条さんもいつも通りの上条さんでよかったです!

上条さんのメイン武器が説教と男女平等顔面パンチということですね(笑)

なんかすごく雑な感想になっちゃいましたが、本当に面白かったんで満足ですね!

でもちょっと残念だったのは自分が行くのが遅すぎて来場者特典の小説がもらえなかったことですねぇ(><)

もっと早く行けばよかった・・・。

「アウトロー」見てきたよ!

 今日は学校のレクリエーションの一環として各自で好きな映画を見れたのでこの作品を見てきました(・◇・)

今回のブログの内容にはネタバレを多く含んでいるんでこれから見る人はページバック推奨です(><)

まず、話の大まかな流れは狙撃事件が起こってそれを解決するという流れです!

けど普通の警察が解決するって訳じゃなくて、被疑者が元軍人で、その時の同僚である主人公に困ったことがあったら呼んでくれということを言われていたから呼ばれてきたって感じですね(・◇・)

タイトルの通り無法者って感じですが、捜査はちゃんとやって、頭がきれるんでマジでかっこいい漢って感じですね(>ω<)

そして、この映画の見所なんですが主に2箇所だと思いますね!

1つ目はトム・クルーズと犯人とのカーチェイスですね(・◇・)

あれは見ていて本当に疾走感を感じれるほどいい走りでしたし、とにかくエンジン音がマジで良かったです(>ω<)

下手なレースものよりいいと思いましたね(笑)

2つ目はラストの敵陣での銃撃戦なんですが、これはトム・クルーズがすごいというより、狙撃場のおじいさんがかっこよかったですね(>ω<)

視力が年齢のせいで衰えてるからという理由で音で敵の場所を特定して撃ってるのはマジでかっこよかったです!

本当に終盤にポッて出てきただけで最後の敵陣まで呼ばれる姿は面白かったですね(笑)

でも、当然トム・クルーズも普通にかっこよかったですよ(・◇・)

総括すると捜査ものだけど捜査だけでなくアクションもガッチリやってるんで本当に面白い作品だと思いました!

見てない人には是非見て欲しい作品ですね(・◇・)

公開初日に見れてよかったぁ・・・。

エヴァQ見てきたよ!

 土日は混むだろうからという理由で今日休みだったから朝1番のやつを見に行ってきました!

でも、取り合えず平日の朝一番のやつなのに人が普通に大勢いてびっくりしましたよ(笑)

そんで内容に関しては、前作の破から14年後の話って感じで展開がまったく分からなかったですよ(・_・;)

というか14年後って説明も序盤終わりくらいに説明されたしなぁ・・・。

そのせいでみんなの外見がそこそこ変わってたし、新キャラも大勢いたんで、認識を改めるのが大変でした(><)

人の性格というか、心情や背景も結構変わってたんで、本当にシンジ君同様浦島太郎状態ですね(・_・;)

エヴァの機体に関しては、アスカの2号機改だったり、マリの8号機、レイの9号機、シンジ&カヲルの13号機と新しいのが目白押しでしたよ(>ω<)

特に13号機は2人乗りだったし、ファンネルっぽいの使ってたわでかなりやばかったですね!

あと、アスカがビーストモード使えたのにはなんとなく感動しましたね(笑)

まぁ最後には自爆しちゃいましたがねぇ・・・。

次回作の予告でマリの8号機と2号機改が半身ずつ使われたものが出てきてたんで、そっちもダブルプラグシステムになるのかなぁ?

でも、エヴァVSエヴァってのはかなり面白かったです(>ω<)

あと、今作を大まかにあらわすと、完璧にホモアニメでした(・_・;)

シンジ君とカヲル君のホモシーン多すぎ(><)

ヒロインなんていなかったんや!って感じでしたよ・・・。

まぁ今回でかなり話がいろいろ起こったんで、次回作の最後にどうやってまとめるのかがマジで楽しみです(>ω<)

あと、本編始まる前の巨神兵はそこらの映像系の学生が作るレベルで酷すぎたんで、それ以外の感想はパス!

とりあえず今作はいろいろ伏線を入れまくったって感じの内容だったんで、本当に次に期待って感じですね(・◇・)

次はいつに放映するのかがマジで分からないですがね(・_・;)

下手すりゃ2年後とかマジでありそうだなぁ・・・。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

応援中!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「Tiny Dungeon〜BRAVE or SLAVE〜」終わったよ!
    REN
  • 「Tiny Dungeon〜BRAVE or SLAVE〜」終わったよ!
    リベロ
  • 「Tiny Dungeon〜BRAVE or SLAVE〜」終わったよ!
    REN
  • 「Tiny Dungeon〜BRAVE or SLAVE〜」終わったよ!
    名無し
  • ボーダーブレイクVer,2.5!
    REN
  • ボーダーブレイクVer,2.5!
    魔王
  • 何にも進まねぇです!
    REN
  • 何にも進まねぇです!
    魔王
  • 「愛しい対象の護り方」やり始めました!
    REN
  • 「愛しい対象の護り方」やり始めました!
    hull

links

profile

書いた記事数:1104 最後に更新した日:2014/07/16

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM